トップページ | 北八ヶ岳 »

丹沢縦走

1月30日 晴れ

小田急線秦野駅 8時30分

約束してあった改札口前でツヨシと合流。
今日は丹沢表尾根を歩きます。
時間の都合でタクシーでヤビツ峠まで行き、
そこから塔の岳を目指します。

ヤビツ峠でタクシーを下車
登山靴のヒモを締めなおし、荷物をチェックして出発。
歩き出しはダラダラと長く感じる林の中の登山道を進む。
小一時間ほどか、やがて稜線に出る。

 

20040131_007_1

後方には大山のどっしりした山容
視界が開けてくると山登りは急に楽しくなる(笑

 

20040131_014

そしてパラグライダーが雲のない空を舞う。気持ちよさそう。
きっと登山道をいく僕らはアリのように写るのだろうな。

 

20040131_022

中央をZ字に延びる稜線に沿って歩いていく。
目的の塔ノ岳は中央の高くなっている場所、ここは三ノ塔、まだまだ遠い。

時計は13時35分 お昼休憩

 

20040131_033

 

20040131_038

 

20040131_044

塔の岳の近づくにつれ雪が目立ってくる。

雪道をとぼとぼと登りようやく山頂へ

 

 

20040131_049

16時21分 塔ノ岳 山頂 1491m

なんとか日の入りまでに辿りつきました。
ヤビツ峠(761m)から塔ノ岳までの標高差は730m
なかなかしんどいです。

 

20040131_058

そして富士山に沈む夕日を眺めつつ・・・

 

20040131_050

富士の左肩に太陽が沈んでいきます。
日の入りは17時06分とのこと

  

20040131_059

今日の宿「尊仏山荘」

 

20040131_062

塔ノ岳からは相模湾を望む町の明かりや東方には
都心の夜景が一望できました。キレイなんだけど明るすぎるくらい。

明日に備え20時には就寝zzz

 

 

1月31日 曇りのち晴れ

20040131_068

昨日とは一転して厳しい天候に・・・

 

 

20040131_066

凍てつく様な霜。。。
ここが都心から列車で1時間余りの場所とは思えない。

朝食をすまし、準備を整えて出発

 

 

20040131_074

塔ノ岳から丹沢山→蛭ガ岳を経て焼山へ到ります。

 

 

20040131_075

美しい霧氷のなかをいきます。

 

20040131_076

霧氷をながめつつ丹沢山(1567m)に8時15分着

 

20040131_079

丹沢山は山頂というよりは広場のよう
雪景色と青空がいい(いつのまにか晴れた)

 

20040131_084

先はまだ長い

 

20040131_086

 

20040131_089

 

20040131_085

樹木に咲く白い華気温が0℃を下回り、雲や霧が冷やされて

樹木についてできる氷を霧氷というそうです。

 

 

20040131_091

鬼ガ岩の向こうに蛭ガ岳が見える。9時43分

 

20040131_092

滑りやすいので慎重に

 

20040131_095

10時12分 蛭ガ岳 山頂1673m

山頂のお天気は荒れていて寒い。
コーヒを沸かして飲む、お湯を待つのもつらい。

 

20040131_097

蛭ガ岳からは雪の道を下って行きます。

 

20040131_099

焼山登山口を目指してひたすら歩きます。
単調な尾根歩きが続く。それにしても長い。
登山ガイドによれば塔ノ岳~焼山登山口間は

標高差1383m  歩行距離17.3km

 

20040131_106

雪も消え、この長い消化試合のような道を延々と歩いていると
犬を連れた猟師さんとすれ違った。
犬が一匹行方不明になっているそうで数人の仲間と捜索中とのこと。

 

20040131_124

ようやく舗装道路に出る、あとひと息。

 

20040131_128

16時 無事に最終目的地の焼山登山口の
バス停に到着。しかし・・・

 

20040131_129

バスがない。

平日のみの運行らしい、しかも本数が・・・

しかたがないのでタクシーを呼ぶことに
そんなこんなで無事に山登り終了です。

 

 

トップページ | 北八ヶ岳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145498/41545825

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢縦走:

トップページ | 北八ヶ岳 »

無料ブログはココログ