« ドイツ村駅伝 | トップページ | 第33回館山若潮マラソン後編 »

第33回館山若潮マラソン前編

Img_0103

2013年1月26日 快晴 館山若潮マラソン

 

早朝の木更津駅ホームにて 

7時39分発、下り内房線各駅を待つ

いよいよ

一年ぶりのフルマラソンチャレンジです。

 

 

 

Img_0102

ホームで列車を待っていると

「特急若潮マラソン号が信号機故障で遅延している」との

アナウンスが流れる。

このときは

まあ10分、15分程度の遅れだろうなって

思っていたのだけど

まさかあんなに大幅に遅れていたとはね...

 

千葉発の普通列車は定刻通りの運行とのこと。

ただ予定通りにやってきた普通列車はランナーでいっぱい。

 

Img_0104

8時49分 館山駅着

ようやく満員列車から解放されてホッとする。

駅からは無料の送迎バスに乗り換えて会場入り

いつまでも会場に現れないぶーさんは

このときもまだ若潮マラソン号に捕われていたらしいです。

 

Img_2042

午前10時 フルマラソンのスタート
 
若潮マラソンに間に合わなかった号に
 
乗っていたぶーさんはまさかのDNS  

フルマラソン、ひとりぼっちのスタートは

いささか心細いのだけど

始まってしまったものはしようがない。

気を取り直して42kmに挑みます。

 

目標タイムは4時間30分。

 

とはいえ

昨日の駅伝の疲労が心配だったので

1〜5kmはとくにゆっくりと走る。

全体的に足の筋肉は張ってる感じです。

そして日頃の練習不足。 

こんな感じで足が42km持つのかな

リタイヤしちゃうのかなって、

このときはたくさん不安を抱えて走ってました。

 

Img_2044

足のダルさもなくなり、体が暖まってきた7〜8km付近

 

今回はiPhoneを持って写真を撮りながら走りました。

ほかにも顆粒タイプのアミノ酸スティックを数本、

パワーゼリーをひとつ、

小さくまとまる薄手のライトシェルジャケットも持参。

エネルギー切れと防寒への対策はばっちりかなって、

ただ荷物が落ち着かず、腰で暴れて走り難かったです...汗

 

Img_2046

東京湾のむこう富士山が美しいです。

 

Img_2052

なんとか完走できそうな予感

13.5kmを1時間24分...わりと元気です。

 

 Img_2053

ここは洲崎の灯台を過ぎた辺りかな。

 

Img_2055

コースの先、キラキラと太平洋が輝いていました。

 

 

Img_2057

伊豆大島がこんなにくっきりと見えた。

 

Img_2058

15km付近のエイドにて金哲彦さんと遭遇

最近よく「ラン×スマ」を見ているので感激です。

(NHK BS1 日曜よる9時〜)

振り返ってはパチり。

ランナーの写真を撮りながら走っていました。 

 

Img_2060

ここのエイドで水と一緒に顆粒タイプのアミノサプリを補給です。

 

Img_2062

エイドを過ぎてすぐに4時間30分のペースランナーに追いつく

この調子なら4時間30分は達成できるかも知れない。

 

 

元気と自信が出て来たぞってことで 

後編へつづく。。。 

 

 

 

 

 

« ドイツ村駅伝 | トップページ | 第33回館山若潮マラソン後編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145498/56689474

この記事へのトラックバック一覧です: 第33回館山若潮マラソン前編:

« ドイツ村駅伝 | トップページ | 第33回館山若潮マラソン後編 »

無料ブログはココログ