« 第40回市原高滝マラソン | トップページ | Feb.01.2014 »

第34回若潮マラソン大会

Dsc00059

2014年01月26日 薄曇り

若潮マラソン大会にてフルマラソンに参加してきました。

前夜から、心配された雨も降り止み

9時の気温は14度と走るには暖かいくらいの天候です。

 
Dsc00057
 
朝7時の会場はまだガラガラでした。
 
会場へはクルマで行きました。
 
6時に出発、7時過ぎには会場に到着。
 
受付を済まして一度クルマへ戻りました。
 
9時頃にぶーちゃんとイシイちゃんと合流。
 
相変わらずバタバタと準備をしてスタート地点に向かいます。
 
 
さてさて
 
今回の目標は自己ベストの更新&サブ3.5。
 
根拠は
 
10kmのレースを4分20秒/kmくらいで走れた。
 
ハーフマラソンを4分30秒/kmくらいで走れた。
 
→ だったらフルマラソンは5分/km程度
 
サブ3.5もいけるでしょうという安易な発想。
 
でもね、これがぜんぜんいけなかった。
 
全くもって、いけるわけがないorz
 
 
ここのところ上向き調子で少し自信過剰でした。
 
そんな薄っぺらな自信が崩壊していく様を
 
(メンタルな側面にスポットを当てて)書いてみます(笑
 

 

0km〜5km : 5分48秒

覚悟はしていたけど、人、人、人

そして海からの向かい風、なかなかペースを掴めなかった。

走りだして、すぐに右ふくらはぎに違和感。

一週間前につくった打ち身、湿布貼ったりして

普段の生活では痛みも消えていたけど

そこそこに走って負荷をかけると

右足を着くたびにひびく鈍痛が気になる。

 

5km〜10km : 5分16秒

走っていてちっとも楽しくない。5分/kmで走れない上に

今のペースにも不服、かなり抑えている(つもり)だけど

それでも30km以降が不安、ふあん。

なんだか先のことばかりを心配、考え過ぎ。

景色を楽しむ余裕もなかった。そりゃつまらんでしょ。
 
 
10km〜15km : 5分07秒
 
こんなに集中力に欠けたレースはない。
 
愚にもつかないことに思い巡らしているうちに
 
10km過ぎの給水を取り損ねる。
 
戻るのも面倒なのでそのまま走る。
 
13km過ぎかな。ようやく走ることに集中。
 
ペースはもう体に、足に聞こうって、
 
時計は(なるべく)気にしないことに。
 
 
 
15km〜20km : 4分59秒
 
菜の花咲くフラワーラインへ
 
風向きが追い風に変わり
 
いつのまにかふくらはぎの痛みも消え
 
今回、一番気持ちよく走れた区間。
 
 
20km〜25km : 5分12秒
 
海岸線とは一度お別れをして内陸へ
 
いつもはこの辺りから足がピクピクしてくるのだけど
 
まだ平気みたいだった。いや気づかなかっただけか?
 
 
25km〜30km : 5分25秒
 
上り坂、下り坂、アップダウンの始まり。
 
上り坂でのペース落ちを考慮すると
 
なんとかペースを現状維持。でもちょっと必死になって来た。
 
 
30km〜35km : 5分48秒
 
最大の山場
 
文字通りの山を越え、そして山を下る。
 
下り坂でたくさん抜かされた。なんでだ。
 
コースは再び海岸線へ戻る。
 
ここからペースアップ出来たらと考えていたのだけど
 
無理だった。現状維持も難しいほど足がへたる。 
 
往路で吹いていた風はほとんど止み走りやすかった。
 
ずっと我慢してきて、ゴールまで我慢できそうだったけど、
 
もはや小用のロスタイムを惜しむ必要もなくなり
 
公衆トイレへ駆け込む。すっきり。
 
 
 
35km〜40km : 6分06秒
 
脱水症状?
 
後半終始感じていたのどの渇きが
 
ここにきてひどい。とてものどが乾く。
 
こんなことはじめてだ。 あ"ー、給水所が遠い。 
 
そして38kmあたりで足が突然止まった。
 
ピクピクして、足が上がらない。
 
そろりそろりと走らないといまにも攣りそうだった。
 
走り方に気を取られているうちに、
 
タイムへの執着も、集中力も気力もすっかり無くなってしまった。
 
いろんなものがプツリと切れた感じ。
 
もう無理。。。
 
そして金哲彦さん(ペーサーをしていた)と
 
その集団に飲み込まれ、給水所を過ぎてから置いていかれる。
 
 
40km〜ゴール : 7分15秒
 
とうとう4時間のペーサーにも抜かれる。
 
いや、40km前に抜かれたのかも。
 
よくわからないけど、もうどっちでもいい。
 
とにかく抜かれたという事実。
 
ちょっと走っては立ち止まってストレッチ。
 
歩いては、走るの繰り返し。
 
多勢に抜かされる。悔しいやら情けないやら。
 
いつぞやのフルマラソンの悪夢の再来。 
 
なんとか最後だけは走ってフィニッシュゲートへ
 
 
記録です。
 
グロス 3時間58分02秒
 
ネット  3時間54分04秒
 
 
あ"ー、残り4kmが途方も無く長かったな。
 
沿道で「まだまだサブ4狙えるよ」っていう声援をたくさんもらった。
 
ありがたいです。あの声援がなかったら、
 
ずっと歩いていたかも知れません。感謝感謝。
 

Dsc00059001

それにしても、ほとんど写真を撮らなかったなあ。
 
 
見えてきたこと。課題とか。
 
○疲労抜きと称して大会2周前の練習量を落とし過ぎかも
  (いや、打ち身もしばらく痛かったし・・・)
 
○30km走とかのロング走をやらなきゃなあ。苦手。
 
○ダラダラとやってきたジョギングペースの底上げ。
 
○あと5kgは軽くなりたい、減量。  
 
○フルマラソン、どうやって走れば(ペースとかペース配分とか)いいのか
   わからなくなった。てか、わからないというよりはコワい。
 
○10km ハーフからフルのタイムを予想するのは危険、自分の場合は。
 
負け惜しみ、こじつけ的に良かった点を探してみる。
 
○完走後の疲弊感はそれほどでもなかった。いまのところ。
 
○金さんとちょっとだけ一緒に走れた。
 
○30kmまでは5分20秒くらいで押せたという事実、後がだめだったけど。
 
 
 
 
◇あまり見たくないのだけど、いつもの備忘録

20140126_212654

なだらかな左下がり、そして38kmの壁

 


001

序盤からオーバーペースだったのねという結論

 

 

 


« 第40回市原高滝マラソン | トップページ | Feb.01.2014 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145498/59015005

この記事へのトラックバック一覧です: 第34回若潮マラソン大会:

« 第40回市原高滝マラソン | トップページ | Feb.01.2014 »

無料ブログはココログ