« ちばアクアラインマラソン 〜坂を登るのだ編〜 | トップページ | Nov.22.2014 »

ちばアクアラインマラソン 〜ゴールを目指すのだ編〜

Dsc00158

2014年10月19日 市役所前より

 

ちばアクアラインマラソン、最終回です。

3回で終わりにするつもりがズルズルと

貧血で倒れる生徒がいても

構わず話し続ける校長先生っていたよね。。。

 

 

「あと7km」は「まだ7km」だ

 

あと7km
ここから市役所まで走るのかと思うと
さすがに挫けそうになる。
ここから市役所まで行くという距離感が
7kmという数字上の距離感以上に遠く感じさせる。
地元開催、土地勘がある分有利だと思っていたけど
その土地勘が裏目出る。マイナス思考全開だ。
清和大から市役所まで行く。
それも清見台の坂を経由してだ。
遠回りだよ。遠回り。
私生活ではバスやタクシーを使う距離だ。
デジカメもポーチにしまい込み
そんなようなことを考えながら走っていた。

しばしフラットなコースを走り
清見台の坂が近づく。

この坂は練習で何回も走っていたから
なんとかなるだろう(ゴールまであと5kmだし)
ほたるの坂こそが最大の難所だろうと考えていた。
でもね、35kmを走ってきてからのこの坂は強かった。
僕のレベルではなんともならなかったわけです。
倒したはずの大ボスが変身して…また?みたいな心境。

変身したボスをやっつけた頂上付近で
小学生が『負けないで』の大合唱。
ツラいから?弱っているから?
頑張ってる自分に酔っている?
人の優しさに触れたから?
よくわからない感情がいっぱい込み上げてきて
ゴールはまだ先なのにホロっと来た。
 

清見台の坂を下っていく。
泣くのはまだ先だ。

 

35-40km  30分54秒  6分10秒/km 3時間50分33秒

  

 

 

40kmの坂はまるで壁のようでした

 

40kmまで来た。
線路を渡る陸橋、地味で短い坂道でついに歩きが入る。
せめて走りきりたかったけど無理だった。
今だったら他人事のように「なぜあそこで歩いたんだ?」
「気持ちを強く持てば走れたんじゃないか?」って思う…でもね。
あの時、あの瞬間、鉛になった足を引きずる自分にとって
坂はまるでそそり立つ壁のように感じられたわけで。

 

Dsc00149001

ようやく港へ、デジカメのタイムスタンプは14:06だった

 

陸橋を渡りきると、あと2km
少し前から気になっていたのだけど
なんだか胸が痛い。比喩とか悲しいとかじゃなくて
物理的に左胸が痛む。耐えらない痛みじゃないけど違和感。
やっぱりもうボロボロだよ。

それでも最後は走ってゴールしたいという
見栄だけはあったので
沿道の応援が途切れた目立たなそうな場所で
(お願い、今だけは走れ!走れ!っていわないで)
一度、立ち止まって大きく深呼吸をする。
木更津港が過ぎ、潮浜公園の交差点を通過。
ゴールが見えるまでそろりそろりと走って行く。
少ないHPを少しでも温存する作戦、我ながら姑息だぜ。

 

 

Dsc00151

撮りたいからというより、走るという行為から気をそらす為に撮る 

 

そしてようやく市役所が見えてきた。
船溜りを挟んで、向こう側にはゴールゲート。
足が痛いのも、胸が痛いのも気のせいだと言い聞かせ
最後の気力でスピード上げていく。

 

 

Dsc00154

残りはあと195m、あまりにも遅すぎるペースアップだ。

 

42kmの表示板
応援の賑やかな交差点を曲がると
間もなくゴールゲートを正面に捉える。
交差点からゴールまでの記憶がおぼろげなのだど
(いまでもあれは夢か何かだったんじゃないかと思う)
ゲート左側に学生達が並んでお出迎えしている。

 

Dsc00155

撮った記憶がないのだけど…えらいぞ自分。

最後の元気をもらうために無意識に左へ寄るというか、ヨレる。
学生達と最後のハイタッチしながらフィニッシュゲートへ
終わった。終わったよ。
もう走らなくていいのだよね。

 

 

Dsc00157

フィニッシュゲートを振り返る、ありがとうございました。 

 

目標達成も、楽チンにも走れなかったけど
午前10時に始まった42kmの長い長い遠足は
午後2時14分に終わりました。

つらいこともあったけど
42kmも走るのです。つらくて当たり前です。
楽チンに走ろうというのがムシがいいのです。
これを書いている今はそんな心境です。

ありがとうございました。

手元の結果です。

 

40-42km  13分11秒  6分35秒/km 4時間03分44秒 

start-42.195km        5分48秒/km 4時間05分59秒

 

14時を過ぎてしまってからの
最後の2kmはすごく長くてキツかった。
もっともっと時間が掛かったと思っていたけど
わりと頑張っていたのだなって。

わりと頑張っていなかったので
追記と訂正します(笑
ラスト2kmのラップは
5分30秒/km  → 6分30秒/km  でした。

<< 追記 >>
ラスト2kmのラップが5分30秒/kmなんて
ちょっと速すぎるなと思ってよくよく調べてみた。
どうやらガーミンで取ったラップデータをNIKE+に
アップロードすると、オートストップ機能で停止した時間
(今回はトイレでのロスタイム)はNIKE+側には
反映されないみたいです。
NIKE+はトイレストップした27km区間の
ラップが7分/kmオーバーになってた。
NIKE+では、単純にスタートを押してからストップを
押したまでの実時間(つまりネットタイムだね)を
表示するみたいです。

ガーミン  ゴールタイム  4時間03分21秒
NIKE+     ゴールタイム  4時間05分59秒

今まで気づかなかった。
細かい話だけど備忘のために記す。

Dsc00161

座り込むと身体中がミシッとした。ミシッと。

 

ゴールするとその流れでタグを外し
飲み物を受け取り、完走プレート貰い
そのまま手荷物預かりの場所へ行ける。
すぐに預けた荷物を受け取れた。
これはすごくいい。

しばし休んで着替える。
その後、無事にゴールした
イシイちゃん、アンディさんと再会。

終盤、大作戦が失敗してからは
いつ食われるかとドキドキしていたのだけど
(追いつかれたら、もうどうにも出来なかったけど)
どうやら抜かれずに済んだようでした(笑

 

Dsc00163

走った後のラーメンがうまいのなんのって、あなた。

 

中間点とフィニッシュタイムが速報されていたので
いちおうタイムをまとめてみます。
ネットタイムね。

 

start-42.195km     5分49秒/km 4時間06分02秒

   

start- 21.0975km    5分36秒/km ラップ1時間58分10秒
half -   42.195km    6分03秒/km 
ラップ2時間07分52秒

 

 

グロスは4時間14分07秒でした。
午後2時までに帰ってくるには
あと14分速く走らなければいけません。
フルマラソンはきびしいなあ。


さあ、次は「ゆりかもめリレーマラソン」
「いすみハーフマラソン」と続きます。
そして1月末の「若潮マラソン」で
大作戦のリベンジをします。
 

もうちょっと休んだらジョギンング再開です。

備忘録と反省会はまたのちほど

 

« ちばアクアラインマラソン 〜坂を登るのだ編〜 | トップページ | Nov.22.2014 »

コメント

お疲れ様でした。

じじーなんで無理はしないように(´・ω・`)

ありがとう!
ほどほどに続けます(汗
 
こんな僻地のブログを
訪ねてくれて
(重ねて)
ありがとうございます。
ブログも
ほどほどに続けますヨ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145498/60546707

この記事へのトラックバック一覧です: ちばアクアラインマラソン 〜ゴールを目指すのだ編〜:

« ちばアクアラインマラソン 〜坂を登るのだ編〜 | トップページ | Nov.22.2014 »

無料ブログはココログ