カテゴリー「Planetarium ☆」の記事

Jul.06.2010

D30_33381

   

D30_3352

   

D30_3328

   

   

千葉市科学館

11月某日

今年10月にオープンしたばかりという
いま話題の人気スポット「千葉市科学館」へ行ってきました。

えっ科学館が人気スポットかって??

先日、ふと手にした「なんとかウォーカー」って雑誌で
見開きの特集になっていたので(人気スポットってことで)
間違いないと思います。たぶん(笑
星空カフェうんぬんだったか、そんな記事。

まあ、要するに…そんな話題のデートスポットに単身乗り込んだわけです。

   

Dsc_5447

  

目的は23mのドームスクリーンを持つプラネタリム
(写真左側 オレンジ色の球体)
以前、お台場の 科学未来館 へプラネタリウムを見に行ったよ
と、ご報告しましたがその続編(みたいな感じ…笑)です。 

知的探究心なわけです。

Dsc_5456

  

23mのドームスクリーンに投影される
1000万個の星空とデジタル映像の融合による驚きと感動。
この文句に偽りはなかった。ぜひ、一度行ってみてください。

>> 科学館のプラネタリウムの関連記事 【AstroArts】より   

リンク先の3枚目の写真を見てください。

  

>> 科学館のホームページはこちら

  

Dsc_5426

Newton's cradle

科学館のショップで思わず衝動買いした「ニュートンのゆりかご」
端っこの球をひとつ弾くと反対側の球がひとつ飛び出す。
ふたつ弾くとふたつ飛び出す。

運動量保存の法則でカチカチと繰り返すあれです。

 

Dsc_5469

  

えっと、
これは頂き物のクルクルとまわる置き時計
金属の質感がいいでしょう?(笑

  

 

中秋の名月

Dsc_4778

  

9月25日

今夜は中秋の名月でしたね。

今年はキレイな月を見ることができました。

この時期はお天気が悪いことが多く、この日に月を見ることが出来るのは

3割程度の確率、つまり3、4年に一度しか中秋の名月は見れません。

って、いうようなことを天気予報のアナウンサーが言っていました。

  

Dsc_4794

飛行機の航跡

以前、同じようなものを撮った記憶が…詮無くもまた撮ってみた(笑

  

皆既月食

Sn390003

  
今日は太陽、地球、月と一直線に並び
月が地球の影に隠れる皆既月食が見られる日ってことで
首を長~くして楽しみにされていた方も多いと思います(笑

…が、今日に限って、ここ関東地方はあいにくの曇り空
どこか遠くから雷鳴も聞こえちゃったりします。

ざんねんと思っていたのですが、
雲の切れ間からときおり月が顔を出しました。

写真は21時頃、携帯電話で無理に撮影
かろうじて満月のお月サマが欠けているがわかります…ョネ(笑
肉眼ではもっとはっきりと欠けていましたョ。

ちなみに
月食は三日月や半月の夜には起こりません。
必ず満月の夜に起こります。

なぜか??

答えはこの画像と一行目にありです(笑

2007_0828

【国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト  Mitaka Ver1.00 より】

  

接近

今日は梅雨入り以来、久しぶりに雨となりましたね。

0002

0003

2007年7月1日 18時35分  西の空

 

ちなみに、7月1日は金星と土星が大接近するそうです。

もしも、この日の夕方に西の空を眺める機会があれば

ぜひともご覧になってみてくだせぃ☆

土星

昨日から引き続き… 

さてさて、皆さんは今宵、土星をご覧になられたでしょうか??

   

Dsc_3701

木更津市 19時51分 西の空

周囲の外灯がとても明るい、条件の悪い場所で撮ったので

技術的にも、これで精一杯、電線はご愛嬌ということで。。。

大雑把な図を一部訂正(笑

   

三日月 

        

             土星

                     金星   

   

となっているのが、わかるでしょうか??

   

Dsc_3701a

  

これは説明的な画像

三日月と土星の間にある(写真ではノイズのような)星は 「Regulus」 

この「レグルス」 78光年のかなたに光る星で、しし座の一部のようです。

  

0001

さらに説明的な画像

東京付近 同時刻 西の夜空  (以前紹介した 星空ソフト Stellarium0.8.2 にて)

  

土星食

Dsc_2422

(本文と写真はまったく関係ありません。。。)

  

夕刻、ふと西の空を見上げるとキレイな三日月

何気なく眺めていると、その三日月のそばに見慣れない星がひとつありました。

なんだろう?

三日月の右下、明るい星が宵の明星と思われ、

どうも三日月のそばの星は金星ではなさそう。

でね、気になったので調べてみました。

  

2007年6月19日(つまり今日のことなのだけど)は

「土星食」という珍しい現象が全国的に観測できる日だったらしいです。

ご存知でしたか??

私「土星食」って言葉すら知りませんでした…。

この「土星食」、月の後ろに土星が隠れてしまう現象のことのようで

三日月のそばに輝いていた星はその「土星」でした。

もうちょっと早く知っていれば意識して「土星」を眺めたのになぁ、

ちょっと残念…なんて「土星」を眺めたことすらはじめてなわけで…

  

明日の夕方、三日月と金星の間にある星が「土星」ですよ。

大雑把に表現するとこんな感じ(笑

 

三日月    土星     金星

  

ちなみに次の「土星食」は2024年12月08日らしいです。。。

  

HOMESTAR

Aadscf0065_1

明日は七夕ですね。

ってことで家庭用プラネタリウムのご紹介
(というほどの内容じゃないけど・・・)

続きを読む "HOMESTAR" »

十七夜

Dscf0833a

月齢17.3 立待月 

22時過ぎ なんとなく ふと空を見上げると月

通りかかった人は「不気味な色の月だねぇ・・・」って

うんうん、ストロベリーじゃないな、そんな月でした。

続きを読む "十七夜" »

Half Moon

Smoonh

6月5日 上弦の月

23時過ぎ、近くの公園でデジカメと四苦八苦してみました。

僕とデジカメのコンビではこれが限界です。

ちょっとだけ赤い?
(加工はトリミングをしただけです)

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ